活動を支援する

クラウドファンディングは「個の時代」の象徴

クラウドファンディングとは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、自分の活動や夢をインターネットを通して世の中に発信することで、想いに共感した人や応援したいと思ってくれる人から資金を募る方法のことです。まさに「個人の時代」の象徴ではないでしょうか。ちなみに「パーソナル革命アカデミア」もCAMPFIREというクラウドファンディングサービスを利用して資金を募りました。残念ながら達成率32%という結果に終わりましたが、支援していただいた資金を使って、こうしてプロジェクトの第1フェーズをスタートすることができました。

お金を動かそう

「パーソナル革命アカデミア」は、社会を非効率化する諸悪の根源であるミスマッチを減らし、「個」が「組織」に依存しない生き方を実現するために存在しています。そして社会と同様に、お金もまたミスマッチの極みです。高齢者が自身の将来を憂い消費を抑え、若きサラリーマンが現実に打ちのめされ刹那的に浪費する日々を過ごす一方で、一部の富裕層はtwitterでお金をバラまく。そんなカオスだからこそ、大志ある「名もなき者」が「お金」が必要な時は「必要だ」と叫ぶべきです。それが「個人の時代」の方法であり、クラウドファンディングなのです。

パーソナル革命アカデミアは支援を募ります

このプロジェクトはまだ始まったばかり。まだまだ先が長い。当面のサイト運営費はもちろんですが、軌道に乗れば事務所も必要になりますし、バーチャルからリアルへ展開する夢もあります。よって、継続的に支援を募りたいと思います。

支援の方法は2つ

  1. 簡単にお金のやりとりができるお金コミュニケーションアプリ「プリン」で支援
  2. 世界で3億人以上が利用するかんたん安全な決済・送金・送金リクエストサービス「ペイパル」で支援

1.プリン(pring)で支援

pring(プリン)は、メッセージを送るような感覚でお金のやり取りができるスマホアプリ。送受金の機能はとてもシンプルで「お金をおくる」・「お金をもらう」・「お店ではらう」の3種類という分かりやすさです。大手QRコード決済といえばLINE Payや楽天ペイが有名ですが、pringは「個人の時代」に最も適したスマホ決済アプリです。詳細は下記のプリン公式サイトにてご確認ください。

プリン

pring 内ID検索『haruhikoshacho』か、こちらのQRコードからアカウント追加し、ご送金お願いします。

ハルヒコ社長のpringID:haruhikoshacho

2.ペイパル(PayPal)で支援

PayPal(ペイパル)のメイン機能は主に2つ。手数料無料で家族や友人にお金を送ったり、送金を受け取ったりできることと、事前にカードや銀行口座を登録すれば、店舗や通販サイトでIDとパスワードで決済できること。

そして、特筆すべきは何と言っても安全性と利便性でしょう。PayPalならクレジットカードや銀行口座の情報を販売者に知られることなく決済可能。あえて言えばインターネットユーザーなら登録しておくべきサービスです。ちなみに当サイトでもサービスや講義の決済はペイパルを利用しています。

ペイパル

ペイパルで支援 ⇒ paypal.me/haruhikoshacho

支援額によってはトップページに掲載したり、固定ページ(記事にように埋没しない)を使用して告知・宣伝させていただきます。さらに当サイトが成長し続ける限り、被リンクによるSEO効果も半永久的に得ることができるので、ぜひともご検討いただければ幸いです。

支援していただいた方は下記の「お問い合わせ」よりご連絡ください。