【ダイエットのマインドセット】運動で痩せようと思うのは愚か者!?

【ダイエットのマインドセット】運動で痩せようと思うのは愚か者!?

以前も記事にしましたが、私は昨年10kgの減量に成功しました。そして今もその体重を維持しています。つまりリバウンドしてません。痩せた方法に関してはじぶんコインというサービスで公開してますので興味のある方はぜひ「人生逆転ハルヒコイン」を集めてください。

今回は「ダイエットの方法」ではなく「リバウンドしない方法」を目的達成における「効率化」という観点で論じていきます。

ダイエット成功の秘訣は「食べない」

70キロの男性が30分ランニングして消費されるカロリーは約360kcal。ご飯普通盛りは235kcal。ちなみにマヨネーズ大さじ一杯は100kcal、ドーナツは400kcalです。30分ランニングしても、ごはん一杯分とマヨネーズ大さじ一杯分しか消費されません。この結果をどう捉えるかがリバウンドしないマインドセットのポイントです。つまりランニングでダイエットしようと思うこと自体が、冷静に考えるとめっちゃ非効率なんです。辛くてキツいランニングなんてやめて食べなきゃ良いんです。例えば800kcalの夕食を食べてた人が夕食を食べなければ、1時間以上ランニングしたこととイコールになるわけです。何にもせずただ夕食を食べなかっただけで、1時間以上ランニングした人と同じ対価を得れるわけです。

たぶん、みんな食べ過ぎのはず

私はプロスポーツ選手でもありませんし、分刻みのスケジュールをこなす芸能人でもありません。重要な決断や打ち合わせが毎日あるような経営者でも、政治家でもありません。ただのサラリーマンです。ぶっちゃけ食事に執着する必要がない人間なのです。もちろんそれは「栄養価を気にしすぎない」という意味であって、量や質をないがしろにするという意味ではありません。企業は商売だからマーケティングを駆使して食品やレストランをあの手この手で販促しています。何も考えず企業の戦略にハマってはいけません。人間は砂糖と油に旨味を感じる生き物なので、必然的に世間で人気なものは高カロリーだったりします。食べログやらミシュランやら普通に生活している人には必要ないのです。

結論

運動で痩せようとするのは非効率の極み。痩せたいなら食事で痩せるべき。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。