パーソナル革命アカデミアの未来予想図

パーソナル革命アカデミアの未来予想図

真の「個人の時代」に向けて

当サイトは「パーソナル革命アカデミア」というタイトルですが、正確には「パーソナル革命アカデミア」の一部です。上記の図で言うと事務局の役割ですね。事務局の主な役割は「集客・コミュニケーションの活性化」になりますが、実はもう一つ「講師を募集する」という重要な役割があります。とはいえ、まだまだ会員もいないし運営者の私だけ投稿しているシュールな状況なので今はまだ募集できません(準備はしてます)まずはたくさんの人が集まってからです。そして、めでたく人が集う場所になったら、集まった人の中でそれぞれの価値を認め合って、必要であれば当たり前に対価を払って、教えたり教わったりする文化を創りたいのです。つまり「知識・スキル・人」を集めて、それぞれが得意なことをアピールして、そこに「価値がある」と思った人が対価を支払うことで経済圏を創りたいのです。だれもがWin-Winの関係になれる、そんなプラットフォームを目指してます。

個人が個人を支援する。の本質

世間では「個人の時代が来た!」と言われてますが、支援やセーフティネットは行政や組織まかせ。これでは真の「個人の時代」とは言えないですよね。本当の「個人の時代」とは「個人」が「個人」を支援する時代のことです。「個人」が社会で輝けるように支援するのも「個人」であるべき。そうじゃないと結局、今と何も変わらない。確かに個人が自分の価値を高める手段は増えましたが、個人を支援する個人が圧倒的に不足しているのが現状です。

マネタイズを意識すべき理由

冒頭にお伝えした通り、当サイトはパーソナル革命アカデミアの一部。本丸はまだ登場してません。

【学校でもない、専門学校でもない、職業訓練校でもない、新しい形のバーチャル学園。 目標はただ一つ、人生を変えたい人の才能を伸ばして徹底的にマネタイズすること】

これが私の最終目標です。世間では貨幣経済から評価経済になると言われてますが、貨幣がなくなることはないでしょう。もちろん貨幣の形態は変化していきますが、価値や評価に対する対価がなくなることはありません。貨幣経済と評価経済がひしめき合う今だからこそ、自分の価値をマネタイズすることに全力で取り組むべきです。

それが「個人の時代」を生き抜く「最適解」だと思います。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。