薬局の口コミ&薬剤師の転職支援は「薬局求人の窓口」

薬局の口コミ&薬剤師の転職支援は「薬局求人の窓口」

需要が高まる薬剤師という仕事

昨今、大規模なドラッグストアが増えたことにより活躍の場が広がっている薬剤師。2020年の有効求人倍率で見ると4倍以上という高い倍率になっています。慢性的な人手不足が叫ばれている看護師が3倍程度なので、いかに需要があるかお分かりいただけると思います。特に地方では深刻な薬剤師不足になっています。

医療と直結する仕事であり「薬のスペシャリスト」である薬剤師。私たちの生活を支える重要な仕事なのは言うまでもありません。高齢化社会が進む日本では更に需要は高まるでしょう。

とはいえ、どうやったらなれる?収入は?職場環境は?などなど、知らないことも多いのではないでしょうか。私のイメージでは「薬局・病院・診療所で薬の調剤、薬品の管理や販売の仕事」ですが、実際にどんなお仕事なのか実態に迫ってみました。

薬局の口コミもみれたり、薬剤師の方は転職サービスも申し込める

薬剤師になるには

国家資格が必要。試験は年1回で受けるには大学の薬学部で6年間の薬剤師養成課程を修了することが条件。試験に合格後、申請することで厚生労働省の薬剤師名簿に登録され、晴れて薬剤師免許を取得できます。

ちなみに試験科目は「物理・化学・生物・衛生・薬理・薬剤」以外にも「法規・制度・倫理」など幅広い分野から出題されます。

収入はどのくらい?

2018年の平均は544万円です。薬剤師は地方で人材不足なので地方の方が都市部より高収入。さらに6割が女性ということもあり、他の職種に比べると女性が高収入という特徴があります。

当然役職によって差はありますが、勤務先でみると製薬会社やドラッグストアが薬局や病院より高収入です。特に製薬会社は年収700万越えも期待できますが、その分、競争率も高くなります。

職場は?

  • 調剤薬局:薬学部を卒業生の多くが就職。患者の情報を得る必要があるため最低限のコミュニケーション能力は必要
  • ドラッグストア:レジ打ちや品出しもあり、接客スキルが必要。調剤薬局や病院と比べると比較的高収入
  • 病院:医師とともに患者に合わせた薬物療法を組み立てる等、病院に勤める薬剤師ならではの仕事があり、高い専門性が求められる

活躍の場は幅広く、薬局や病院、診療所のほかに製薬会社に勤務して薬品の研究や開発に携わることもあります。

薬剤師の転職&薬局の口コミは「薬局求人の窓口」

人生100年時代と言われ、超高齢化社会に突入している日本では「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」いわゆる健康寿命に関心が集まっています。薬局や薬剤師はまさに人生100年時代の一翼を担う重要な仕事です。

都市部への人口集中により、地方の薬剤師が不足している現状を考えると、薬剤師の活躍の場はどんどん広がっていきます。そして収入を上げるために都市部から地方へ転職する薬剤師も増えていくでしょう。

薬局求人の窓口

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。