メモリアルダイヤモンドは縁起が悪いって本当?

メモリアルダイヤモンドは縁起が悪いって本当?

最愛の人の遺骨や遺灰、遺髪を特別な技術を駆使して加工し、作製された「メモリアルダイヤモンド」。遺骨ダイヤモンドや遺灰ダイヤモンドとも呼ばれています。ネット上では、遺骨や遺灰でダイヤモンドを作製するのは縁起が悪いと言う声や意見が見受けられますが、実際はどうなのでしょうか?

遺骨や遺灰をお墓に納めないことは違法?

まずは、法律面から見てみます。火葬を済ませた遺骨や遺灰をお墓に納めなかったり、自宅に保管したりすることは、日本の法律では違法ではありません。

その一方、埋葬に関する法律によると、寺院墓地や霊園、納骨堂など行政に許可を得た墓地以外の場所に埋葬することは違法と表記されています。

メモリアルダイヤモンドのように遺骨を手元に置いておくことは埋葬とは異なるため、メモリアルダイヤモンドを作製することも、アクセサリーとして身につけることも違法ではありません。

メモリアルダイヤモンドは縁起が悪いと言われている理由

遺骨ダイヤモンドを作製することは、日本の法律では違法ではありませんが、遺骨や遺灰、遺髪に含まれる炭素から作製されるメモリアルダイヤモンドは縁起が悪いのではないかと心配される方もいます。

その理由のひとつは、仏教の教えからです。仏教では、人は死後四十九日を過ぎると魂が肉体を離れて天国に行き、その日から遺骨は「その人」ではないと考えられます。そのため、四十九日は、納骨することで遺族が故人への気持ちに区切りをつけ、日常生活に戻る日なのです。

また、その他の理由は、分骨を嫌がる、成仏できないと考えるといった人の気持ちや考えから縁起が悪いと思われがちです。

メモリアルダイヤモンドは縁起が悪いというのは根拠のない迷信

 遺骨の一部で作製される遺骨ダイヤモンド、メモリアルダイヤモンドは分骨に当たりますが、分骨はもともと仏教では良いとされ、関西や北陸地方では分骨文化があり、古くから根付いているものです。また、アクセサリーにして身につける歴史も古く、今とはスタイルは違うものの17世紀頃のヨーロッパで喪中のときから始まっています。

メモリアルダイヤモンドの利点は、身近で故人を偲ぶことができること。いつも一緒にいられる安心感からグリーフケアとして役立つこと。日々供養できるため故人との永遠のつながりを感じられることなどがあります。これらにより、メモリアルダイヤモンドは縁起が悪いと言うことは、人それぞれの気持ちによるもので、ただの迷信となるでしょう。

メモリアルダイヤモンドがもたらす精神的な要素は愛する故人を亡くした家族にはとても大きいものです。そんなメモリアルダイヤモンドは288,000円から作製できます。この遺骨ダイヤモンド値段には、制作から配送までの全費用が含まれ、一般的な葬儀や供養、墓の購入や維持管理費などと比べると安価です。

遺骨ダイヤモンド値段はカラーで異なり、窒素により発色するナチュラルアンバーから、生成工程に技術を加え、レッドやブルーなども生み出させます。また、メモリアルダイヤモンドの結晶化に時間をかけるほど大きく生成されるため、遺骨ダイヤモンド値段はサイズによっても異なります。

どのタイプのメモリアルダイヤモンドも、通常の輝きに故人の輝きが加わることから、その美しさは遺族にとってとても魅力的。こうしたメモリアルダイヤモンドの特徴や魅力を考えると、遺骨ダイヤモンド値段はかなり価値ある価格と言えるでしょう。

結論

現在のところ、メモリアルダイヤモンドを作製したり、身につけたりすることが禁止されている法律は日本には存在しません。

また、メモリアルダイヤモンドは縁起が悪いと思われることもありますが、その理由は仏教の教えや個人的な気持ちによるもののため、ただの迷信と言えます。

メモリアルダイヤモンドは、愛する故人を常に身近に感じたり、アクセサリーとして身につけることで悲しみを緩和したり、愛する故人とのつながりを強く感じることができ、悲しみや不安を癒してくれます。これらのこと考えると、遺骨ダイヤモンドの作製は、値段以上に価値があると言えます。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。