「個人の時代」にはマニフェストや理念が必要!?その理由とは…

「個人の時代」にはマニフェストや理念が必要!?その理由とは…

【個人の時代】マニフェストでブランディングしよう

本格化する「個人の時代」に向けて、私たち個人も準備すべきことがあります。まず最初に意識したいのは自身のブランディング。おすすめは「私はこういう人間です!よろしくお願いします!」という名刺代わりのマニフェストを掲げること。

人生で誰もが必ず経験して、なおかつ一番多く行うプレゼン。それは自己紹介。本格化する「個人の時代」に向けて、自分の意思や方向性を周りに知ってもらうために、企業が掲げているのような「理念」や「使命」を個人も掲げる必要があります。

ということで、企業に欠かせない理念や使命を参考にして、マニフェスト策定について考えてみましょう。

企業理念を参考に「じぶん理念」を考える

私は以前、勤務先で企業理念や行動指針を策定するプロジェクトチームのメンバーをやってました。半年くらいかけて議論しながら決めたのですが、ぶっちゃけどんなに良い理念があっても、会社が劇的に良くなることはありません。

しかし、言語化することで共感しやすくなるし、従業員が意味や思いを理解して腹落ちすればロイヤリティは一気に高まります。さらに世間に企業の方向性や存在価値を知らしめるためにも理念は必要不可欠なのです。

理念を形成する4つの要素

  • ミッション(使命・目的)
  • ビジョン(目標・方向性・目指す姿)
  • バリュー (価値観・姿勢・判断基準)
  • 行動指針

分かりやすくするために昔話の桃太郎で考えてみましょう。

  • ミッション:村の平和
  • ビジョン:鬼退治
  • バリュー:チームプレー・個性を生かす・あきらめない
  • 戦略:鬼ヶ島へ行って鬼をやっつける・報酬を用意し強いチームを作る

「理念」は使命を実現するための「思想」や「大切にしていること」になりますので「一人はみんなのために、みんなは勝利のために」的な感じでしょうかね。パクリですが・・・

さらに「ONE PIECE」なら、

  • ミッション:ドキドキ・ワクワクする冒険がしたい
  • ビジョン:海賊王になる・グランドラインを制覇する・大秘宝を手に入れる
  • バリュー:仲間を裏切らない・自由気ままに進む
  • 戦略:強い仲間・有能な人材を仲間にする。戦いながら強くなる

「理念」は使命を実現するための「思想」や「大切にしていること」になりますので「だれよりも自由になること」的な感じですかね。

名刺代わりのマニフェストでアピール

話をマニフェストに戻すと、一番しっくりくるのは「ビジョン」もしくは「ビジョン」と「ミッション」の合わせ技です。あえて言えば理念は抽象度が高くインパクトに欠けますのでマニフェストにはふさわしくないかもしれません。

もし桃太郎なら、マニフェストは「鬼を退治して村を平和にしたい!」になるだろうし、ルフィなら「海賊王にオレはなる!」でOKでしょう。

以上のように夢や目標を因数分解(ミッションやビジョンに分ける)すると、自分が本当に掲げたいマニフェストが見つかるのでぜひやってみてください。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。