超回復は筋肉だけじゃない!メンタルも適切な休養で強くなる!

超回復は筋肉だけじゃない!メンタルも適切な休養で強くなる!

メンタルにも超回復を!

ところで、超回復をご存知ですか?

超回復を簡単にまとめると、筋トレ後に24〜48時間程度の休息を取ることで、運動前より筋肉の総量が増加する現象のことです。つまり、毎日激しく運動しても壊れた筋肉が回復していないため、筋肉が成長しにくいのです。筋トレ効果を最大限高めたいなら超回復を意識して2、3日間隔をあけたり、筋トレ後にタンパク質を摂取するなど工夫が必要です。

余談ですが、私も絶賛筋トレ中で、超回復を意識した自重トレーニングしてます。筋肉の総量を増やして基礎代謝量を上げて太らない体質にする作戦です。

筋肉とメンタルは超回復で強くなる

超回復という現象はメンタルにも当てはまります。辛いことがあって傷ついた心にも適切な休養が必要です。休養しないと超回復どころか傷が悪化して最悪の場合、壊れてしまいます。しかし、適切な休養によって以前よりメンタルの総力が上がるのです。

学生時代に厳しい部活を経験した人材が重宝されたり、ブラック企業経験者が普通の会社でピンチになっても「あの頃よりは数倍マシ」だと踏ん張れるのも、超回復と知見によってメンタルが強くなったからにほかなりません。

まさに「経験は人を成長させる」「経験は人を強くする」ということです。

質のいい休養が人生を変える

休養には「休む」と「養う」の2つの意味があります。「休む」とは単純に「何もしない」ので、受動的な行為ですが「養う」は「育てる・世話する・作り上げる」ので能動的な行為となります。

筋トレなら「養う」は、超回復時に「栄養を摂取する」ことで、メンタルなら「ストレス発散したり、趣味に没頭したり、カウンセリングを受けたりする」ことです。なんだかんだ言っても、自分を一番理解して助けることができるのは自分自身です。「疲れたな」「もう無理だ」と思ったら、走り続けないで積極的に休養しましょう。ちなみに私は積極的にサボりますし、自分へのご褒美も忘れませんし、会社の飲み会も極力参加しません。

やるべきことはしっかりやる。やらなくていいことはやらない。他人の評価は気にしない。

シンプルだけど難しい。難しいけどメンタルが強くなればできます。他人の顔色を伺いながら生きてきたメンタルが豆腐と言われた私ですが、今やメンタルが石と言われてます。

超回復を意識して、自分の人生を淀みなく歩いていきましょう。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。