セミリタイアについて本気出して考えてみた

セミリタイアについて本気出して考えてみた

セミリタイアの収入源

セミリタイアに憧れる会社員は多いと思います。ちなみに私は20代の頃からセミリタイアに憧れて将来設計してましたが、未だにサラリーマンとして馬車馬のように働く日々を過ごしています。

セミリタイアと似た言葉でアーリーリタイアがありますが意味合いは若干異なります。イメージとしてはアーリーリタイア(早期リタイア)の先に、仕事をせずに資産だけで生きていく完全なリタイアと、収入源や仕事を変えて労働のボリュームを大幅に減らすセミリタイアがある感じです。

つまり、セミリタイアを目指すなら、収入源は必要ということですね。

セミリタイアは「個人の時代」に相応しい生き方

当サイト「パーソナル革命アカデミア」は「個人の時代」の生き方を追求しています。

「個人の時代」とセミリタイアは親和性が高い概念。個人の時代では、個人が組織に依存することなく主体性を持って職業を選択できることが重要になります。

であれば、セミリタイアは個人の時代の生き方として理想に近い状態と言えるでしょう。なぜならセミリタイアするには自身の価値や能力を最大限に高めてマネタイズする必要があるからです。そうしないと現状より労働のボリュームを減らせません。

パーソナル革命アカデミアの根底にある設計思考は「がんばってるのになぜか評価されない人を、すごい人たちが寄ってたかってマネタイズする場所を創りたい 」であり、マネタイズすることに重きを置いています。

社会貢献しながら収入を得る方法

早く気づいてください!あなたの知見やスキルが必要とされています!あなたにとって、当たり前のことが他の人には当たり前じゃないのです!!

周りを見渡すと画一的な学校教育や労働環境によって、本来は誇るべき「個性的であること」が生きづらさの原因になっています。当たり前ですが、同じ人間など一人もいません。それを金太郎飴のように一緒にしようとすれば弊害が生じるのは当たり前。そんな世の中なので、自己肯定感の低い人がたくさんいるのは当然なわけです。そういうネガティブな思考がスタンダードになれば、もはや自分の価値を適正に評価するのは難しいでしょう。

そんな世の中、こんな状況、老婆心ながら「もったいない!」と思うわけです。全ての人間がマネタイズできる価値を有しているとは思ってませんが、自分で自分の可能性の芽を摘んでしまうのは愚かなことです。

マネタイズはいわば総力戦。マーケティング、心理学や統計学など、あらゆる手段を駆使しなければなりません。一人では難しい場合もありますが、当サイトはマネタイズを追求し、文字通り「寄ってたかってマネタイズする」ことを目的としています。

講師になって、あなたの価値を、知識や技術を、マネタイズしてみませんか?

講師になる

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。