もっと上手におっさんを有効活用しませんか?

もっと上手におっさんを有効活用しませんか?

人生で一番辛く厳しい40代に迫る中年の危機

「中年の危機」という言葉をご存知でしょうか。「中年の危機」とは40代の中年期に現れる心理的な危機のことで、主に鬱病や不安障害に陥る現象を指す言葉です。特に男性は無意識に刺激を求めて自分を変えようとするそうです。

ざっくりまとめると「おっさんの思春期」ですね。40代半ばの私はまさにドンピシャで「中年の危機」をリアルタイムで実感してます。この年代になると、子供のこと、嫁のこと、仕事のこと、親のこと、地域の付き合い等、悩みは尽きません。

私も職場ではプレイングマネージャーとして自分の仕事をこなしながら、20名の部下とエリアのマネジメントを兼務していて、部下からは「もう辞めたいです」「やらかしてしまいました。すいません」「これ、どうしましょうか?」の無責任発言、上司からは「管理監督責任だ」「予算費良くないな。改善しろ」「マネジメントがなってない」のむちゃぶりばっかり。さらに家に帰れば家事や育児をやりつつ嫁の機嫌を伺いながら最適解を探す日々。ぶっちゃけなんとかやり過ごしているというのが正直なところ。つまり、40代は自分自身の問題はもちろん、周りの問題を解決しなければならない立場であり、実際に頼りにされているわけです。そりゃー大変ですよ。頭も禿げるわけです。

しかし、一方で「中年の危機?なんなのそれ?金も時間も権力もあって今が一番充実してるよ」という勝ち組が存在するのもまた事実。いわゆるエリート街道まっしぐらじゃなくても、大学卒業後に就職した会社や転職先で順調に働いて40代になった人は収入だけじゃなく経験や知識も備えているので、若かりし頃より40代の方が公私ともに充実していると考える人も多いでしょう。確かに40代は若い世代と比べると多くの知見があるので最適解を求める能力は高いはずだし、体力的にも仕事に支障をきたすほど衰えてるわけではないので「人生史上最強な状態」であってもなんら不思議はありません。

だからこそ「同年代の他人との差」「自信と真逆の評価や結果」「理想と現実のギャップ」「将来への漠然とした不安」が入り混じったあの若かりし頃の思春期と同じように救いようのない葛藤や意味不明な焦燥感が押し寄せてくるのかもしれません。

バカとおっさんは使いよう

40代は人生の折り返し地点と言われてますが、まさにその通りで程度の差はあれど人生の方向性はある程度決まっています。さらに今後、社内で出世できるかどうかもだいたい見えてきます。当然ながら課長や部長のポストには限りがあるので、役職が付かない大多数のおっさんは不満を抱えながら満員電車に乗って納得してない人生をやり過ごしています。でもこれって本人にとっても会社にとっても「もったいない」こと。もっと言えば貴重な知見を備えた能力のある人材が不満と諦めを抱えながら実力を発揮できないなんて、社会にとっても不利益なことです。

味方につければ頼もしい召喚獣に!

確かに若い世代にとっておっさんの存在はめんどくさいですよね。無駄にプライド高くて偉そうで、お節介で意地悪で狡猾な生き物。それが私たちおっさんの特性であり正体。そんな厄介でめんどくさいおっさんだけど、「中年の危機」と日々闘いながら自身の能力を発揮できる活躍の場を探し続けています。特に出世街道から外れたおっさんはその意識が強い。住宅ローンや子育てのために自分を殺して給料のために働いているだけなので勤務先に忠誠心などないのです。

さて、そんな扱いにくいけど使いようによっては役に立ちそうなおっさんをうまく仲間にできれば頼もしい存在になると思うのですが、どうでしょう。

私が声を大にして言いたいのは「自己実現にお困りの皆さーん、おっさんを召喚獣にして利用してはいかがでしょうか?」ということです。ちなみに、召喚獣とはRPGのファイナルファンタジーシリーズや遊戯王に登場する「召喚者に力を貸す存在」のこと。

ある時は強敵として、またある時は心強い味方として、あなたの人生という物語を盛り上げてくれるおっさん。そんな愛すべきモンスター、おっさんをどうぞ宜しくお願いします。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。