仮想(暗号)通貨は人生を変える武器になりえるのか?

仮想(暗号)通貨は人生を変える武器になりえるのか?

仮想(暗号)通貨は人生を変える武器になる?

日本では仮想通貨という呼び名が一般的ですが、海外では「Crypto Currency」読み方はクリプトカレンシー、日本語に訳すと暗号通貨と呼ばれています。

この記事では「仮想通貨とは?」「ブロックチェーンとは?」「アルトコインとは?」という基本的なところは触れませんので「そもそも仮想通貨ってなんなん?」というあなたは読了後にグーグル先生に聞いてください。この記事で伝えたいことは当サイトの柱の一つである「個人の時代」という観点で見ると「仮想通貨に投資すべき」という結論に至ったということです。

1. ビットコインの非中央集権は新時代の象徴

仮想通貨最大の特徴はブロックチェーンで実現した非中央集権です。非中央集権を簡単にまとめると「運営者がいないネットワークで改ざん不可能なシステム」のこと。ブロックチェーンの登場はインターネットの登場に匹敵するイノベーションと言えます。ちなみに円やドルなどの法定通貨は中央集権となります。日本だと法定通貨は円で日銀が円の供給量や紙幣の発行を管理している中央集権という構造になります。ただし、同じ仮想通貨でもXRPはリップル社が管理していてブロックチェーンを使用しておらず、中央集権となります。このように管理方法は様々ですが、個人的には非中央集権で完結するシステムが仮想通貨の覇権を握ってほしいと思います。

2. やはり「一発」は魅力

あくまでもリスクヘッジができているという前提であれば、投機としての側面は否めないものの、大きな利益が期待できるのは魅力です。仮想通貨は株やFXに比べるとボラティリティーが半端ない。これはリスクであると同時に大きなリターンを得るチャンスでもあります。少額から投資できて口座開設も無料なので、経験する価値は大いにあると思います。株やFXの投資経験があれば違和感なく取り組めると思いますし、投資経験がなくてもビットコインやイーサリアムなどの主要コインなら情報も豊富なので、実践しながら勉強すれば問題ありません。

3. 理論上、世界で最もお金が集まりやすい

分断された世界の株式市場に比べると仮想通貨の流動性は圧倒的です。個人レベルに限って言えば既存の金融システムの中では世界で最もお金が集まりやすいと考えています。例えば米国株を日本で購入するのはいろいろ大変ですが、仮想通貨なら世界共通の価格・ルールで売買できます。まさに「個人の時代」にふさわしい投資先と言えるのではないでしょうか。

P.S.

ちなみに私が使っている取引所はLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)です。

  • 国内取引所でNo,1の流動性・取引出来高
  • 多数の仮想通貨と法定通貨が交換できる!圧倒的通貨ペア数
  • 独自のトークン『QASH』はリキッドバイコインでしか買えない

日本で初めて金融庁の許可を受けた「信用」と銀行免許の取得を視野に入れている「将来性」を兼ね備えた取引所。

仮想通貨で未来を変えよう!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。