4年前は本当にかわいかったサカモト・・・

4年前は本当にかわいかったサカモト・・・

猫(ネコ)の名前って変えていいの?

思い起こせば4年前は別の名前でした・・・

名前の決定権は当時6歳の長女。長女は妹がわりにメスがよかったのですが、我が家に来たネコは残念ながらオス。散々悩んだあげくディズニー好きの長女は「おしゃれキャット」に登場するオスの子猫「トールーズ」の名前をそのまま名付けました。

しかし、これがどうしようもなく呼びづらい・・・

あまりの呼びづらさに家族全員が「ネコちゃん」と呼ぶようになり、あっけなくトールーズはやめることに・・・

長女はその後、あれこれ悩んだ結果、これまたベッタベタな「トムとジェリー」のトムにすると言い出したので、まぁトールーズよりはだいぶ呼びやすい!という安易な理由でトムに決定。で、これで収まると思いきや1周間ほど経過したある日、また「名前を変えたい!」と言い出しました。理由を聞くと「日常」というアニメに登場するネコが「サカモト」という名前だから「サカモト」にするとのこと。さすがに何度も名前を変えるとネコも人間も混乱するから「もうトムでいいじゃん」と説得しましたが納得してもらえず。仕方なく名前はサカモトに。どうやら嫁がユーチューブで「日常」というアニメにハマってて一緒に見てるうちにどうしても真似したくなったらしいです。

最初は違和感マックスだった「サカモト」という名前も、不思議なもので今では全く違和感がない(笑)

ただサカモトが名前の変化をどう認識しているかは未だに謎です。そして最近「サカモト」ではなく、「にゃーちゃん」「さかもとちゃん」「さかもっちゃん」などなど、フリースタイルになってきました笑

そもそもネコは名前を認識してるのか?

グーグル先生によると一般的にネコは自分の名前を認識しているようです。当然ながら「文字」としてではなく「音」として認識しているはず。おそらくネコは知能レベルが高い動物なので、自分の「名前」というよりは飼い主が自分(ネコ)に用事がある時の「音の響き」として認識しているのでしょう。「音の響き」なので、それが笛でも拍手でも声でも反応するのかもしれません。ちなみにサカモトは呼んでも来たり来なかったりなので名前を認識しているかどうかは不明です・・・

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。