会社員も情報発信した方が良いこれだけの理由

会社員も情報発信した方が良いこれだけの理由

会社員でも情報発信!アウトプットがあなたの人生を変える

人生を変えたいけど何から始めればいいのか分からない!というあなたにおすすめしたいのはブログ・twitter・メルマガ等の文字のアウトプットです。もちろん「YouTubeで話す」でも良いですが手軽さで言えばブログやtwitterの方がとっつきやすいと思います。アウトプットするメリットはたくさんあるのですが、私が声を大にして言いたいのはアウトプットを意識し続けることで起こる思考の変化です。例えば本の書評をツイートしようとすると140文字以内で収めなければなりません。本の内容をお腹に落とし込んで自分のフィルターを通してからフォロワーさんに要点を的確に伝えるという作業は慣れてないと意外と難しい。さらにtwitter等の不特定多数ではなく特定の人へ要点を伝える場合はさらに難易度が上がります。例えば同じ本の書評でも小学3年生の女の子と25歳の男性会社員と65歳の女性経営者に伝えるなら言葉のチョイスほもちろん、話の起承転結の順序、結論すら変えるケースもあるでしょう。仮に「売り込み」だとしたら、手持ちの営業スキルを駆使してクロージングしなければなりません。

伝える人に合わせた情報発信が思考を磨く

人間の脳はインプットだけでは知識が定着しません。自分のフィルター(脳)を通してアウトプットすることでより効率的に記憶されるのです。ちなみに試験対策におけるインプットとアウトプットの割合は基礎期5:5、応用期3:7、直前期1:7と言われています。つまり自己啓発本をガンガン読んでも、アウトプットしないとぶっちゃけ意味がありません。読んだ瞬間は高揚感に満たされて3日くらいは記憶に残るかもしれませんが、1週間もすればほとんど忘れてしまいます。人間は忘却の生き物なので仕方ありません。これは研修にも言えることです。私は勤務先でマーケティングの講師をやってますが、方法論より心を揺さぶることに注力しています。今の時代、方法や知識はグーグル先生に聞けばいくらでも手に入ります。なので「マーケティングってすごいな」とか「知らなかったけど、知っておいたほうが断然良いな」とか行動喚起に繋がるように感情に訴えるのです。さて、ここでポイントになるのは講義でアウトプットしてるのは私なので、私の方がレベルアップしているということです。マンツーマンでやってますので、つかみの雑談でマーケティングの知識を探ったりして、受講生の現状より少し上のレベルで話すように心がけてます。同じテキストを使っていても、説明の仕方でいくらでも調整は可能です。

あとはサラリーマンならプレゼンや企画書などもアウトプットになりますし、会議での発言もアウトプットになりますよね。その時に「誰に」「何を」「どのように」伝えるかを意識すべきです。長いサラリーマン人生の中で、私より遥かに有能な人が自己満足のプレゼンや企画書で失敗する例をたくさん見てきました。

当サイト「パーソナル革命アカデミア」で情報発信しよう

ニートもアルバイトも会社員も人生を変えたいならアウトプットは必要です。今やtwitterにインスタ、フェイスブックにnoteなど、アウトプットする場所はたくさんあります。そして、当サイトもSNSサイトです。会員登録さえしていただければインスタのような写真投稿、ブログのような記事投稿、マイページやプロフィールページなどで情報発信することが可能です。ぜひアウトプットの場所として気軽に利用してください。お待ちしております!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。